観測(読み)かんそく

精選版 日本国語大辞典「観測」の解説

かん‐そく クヮン‥【観測】

〘名〙
器械などを用いて自然界の状態や推移変化を察し、それを数値に表わすこと。〔改正増補和英語林集成(1886)〕
② 物事の状況を注意深く見て、推測したり、また、その将来を予測したりすること。
※金(1926)〈宮嶋資夫〉二四「来るべき機会を正確に観測(クヮンソク)する時機がやって来たのである」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「観測」の解説

観測
かんそく
observation

観察測定すること。天体観測,野外観測など通常は自然の対象についての観測をいう。これに対し対象を制御された条件下において測定することを実験という。なお,慣用的には量子力学的体系の測定における原理的な問題を観測の理論と呼んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「観測」の解説

かん‐そく〔クワン‐〕【観測】

[名](スル)
自然現象を精密に観察・測定し、その変化や推移を調べること。「天体を観測する」「気象観測
物事を注意深く見て、変化や成り行きを予測すること。「世界の情勢を観測する」「希望的観測
[類語]実測測定測量

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

受託収賄罪

公務員が,職務に関する請託を受け,これを了承したうえで賄賂を受取ったり,要求,約束したりした場合に成立する犯罪。請託のない場合は単純収賄となり,法定刑が5年以下の懲役であるのに対し,請託のあったことが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android