バイオメトリクス認証(読み)ばいおめとりくすにんしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイオメトリクス認証

指紋や虹彩声紋などの身体的特徴を利用した認証技術。本人しか持ちえないもので本人確認を行うため、IDやパスワードでの認証に比べ、忘却紛失可能性が低く、認証の精度は高い。問題点として、誤認識や身体的特徴という最大のプライバシー問題があり、研究が進められている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

知恵蔵の解説

バイオメトリクス認証

本人確認の方法として、各自の肉体的な特徴を利用する個人認証技術の総称生体認証ともいう。指紋手のひら静脈眼球の虹彩、声(声紋)など、他人と一致する可能性が極めて低い要素を利用する。パスワードなどと違い盗難される恐れが少なく、偶然一致してしまう可能性も少ない。また、本人が忘れてしまう心配もない。その半面、登録作業に手間がかかることと、加齢(成長・老化)、疾病、事故などが原因で認証に利用している要素が変化、あるいは失われる可能性があるといった短所もある。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android