コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バイオメトリクス認証 ばいおめとりくすにんしょう

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バイオメトリクス認証

指紋や虹彩、声紋などの身体的特徴を利用した認証技術。本人しか持ちえないもので本人確認を行うため、IDやパスワードでの認証に比べ、忘却や紛失の可能性が低く、認証の精度は高い。問題点として、誤認識や身体的特徴という最大のプライバシー問題があり、研究が進められている。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

知恵蔵の解説

バイオメトリクス認証

本人確認の方法として、各自の肉体的な特徴を利用する個人認証技術の総称。生体認証ともいう。指紋、手のひらの静脈、眼球の虹彩、声(声紋)など、他人と一致する可能性が極めて低い要素を利用する。パスワードなどと違い盗難される恐れが少なく、偶然一致してしまう可能性も少ない。また、本人が忘れてしまう心配もない。その半面、登録作業に手間がかかることと、加齢(成長・老化)、疾病、事故などが原因で認証に利用している要素が変化、あるいは失われる可能性があるといった短所もある。

(斎藤幾郎 ライター / 西田宗千佳 フリージャーナリスト / 2007年)

出典|(株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について | 情報

IT用語がわかる辞典の解説

バイオメトリクスにんしょう【バイオメトリクス認証】

生体認証。⇒生体認証

出典|講談社IT用語がわかる辞典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

バイオメトリクス認証
ばいおめとりくすにんしょう

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

バイオメトリクス認証の関連情報