バウムクーヘンの日

デジタル大辞泉プラスの解説

バウムクーヘンの日

3月4日。株式会社ユーハイムが制定。1919年3月4日、広島で開催されたドイツ俘虜展示即売会で、カール・ユーハイムがドイツの伝統菓子のバウムクーヘンを出品したことにちなむ。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android