コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バズマーケティング

3件 の用語解説(バズマーケティングの意味・用語解説を検索)

ビジネス用語集の解説

バズマーケティング

「バズ」は「蜂がぶんぶんと飛ぶ音」という意味で、人の口から口へと伝えていくマーケティング手法です。いわゆる口コミのことを指します。マーケティング手法としては古典的なものです。

従来の口コミ手法と異なる点として、販売ターゲットを明確にし、グルーピングを行う点があげられるでしょう。
(ex.若者一般ではなく、勉強に一生懸命高校生とか、クラブで遊んでいる大学生といった、細分化されたターゲットグループ)
そしてそのグループに影響力のある「人物」(情報発信人)と蜂集団(情報伝達人)を選定します。

バズマーケティングの手法として、たとえば、いろいろな機能がついた携帯電話を売り込みたいとき、
ターゲットには流行に敏感で裕福な、クラブなどによく出入りしている若者を選定します。
その若者たちが頻繁に出入りするクラブやブティックでもっとも影響力のある人物(クラブの有名DJやブティック店長)を100人選び出し、発売直後の新しい携帯電話を使ってもらいます。
そうすると「憧れのDJや店長が使っている携帯電話」ということで、若者たちが飛びつくことになるのです。

ネット上のコミュニティを利用したバズマーケティングを販促支援のサービスメニューとして提供している企業としては、サイバー・バズ、CGMマーケティング、インフォバーン、はてな、グリーなどがあげられます。

出典|転職.jp
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

バズ‐マーケティング(buzz marketing)

ウェブ上で一挙に話題が広まる(バズる)ことを利用したマーケティング手法。ソーシャルメディア上の口コミを利用することを指し、バイラルマーケティングとほぼ同義。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マーケティング用語集の解説

バズマーケティング

いわゆる口コミマーケティングのこと。バズ(Buzz)とは、「蜂がブンブン飛ぶ音」という意味から派生し、マーケティング的には口コミを意味する。バイラルマーケティングとほぼ同義で使用される。

出典|マーケティングキャンパス
Copyright © Symphony Marketing Co., Ltd. All Rights Reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バズマーケティングの関連キーワードバズ・セッション雅文天聞どぶんぶんぶんぶめ・く

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バズマーケティングの関連情報