コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バッファー・オーバーフロー バッファー オーバーフロー

ASCII.jpデジタル用語辞典の解説

バッファー・オーバーフロー

データをバッファー領域に書き込む際に、バッファー容量からあふれたデータがそのまま破棄されたり、あらかじめ定められた領域を超えて記録されてしまったりすること。セキュリティーにおけるバッファー・オーバーフロー攻撃は、プログラムが想定しているメモリー領域を超えるような入力をクラッカーが意図的に行い、ソフトウェアを強制終了させたり、システムをダウンさせたりする攻撃をいう。バッファーの領域があふれたときにクラッカーが送り込んだ悪意のあるコードを実行し、管理者権限の乗っ取りやシステムをクラッシュさせることもある。また、システムのセキュリティーホールを突いたバッファー・オーバーフロー攻撃も多い。

出典|ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について | 情報

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android