コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バプテスマのヨハネ バプテスマノヨハネ

世界大百科事典内のバプテスマのヨハネの言及

【キリスト教】より

…その公的活動は数年の短いものであった。イエスはバプテスマのヨハネの悔い改めの説教を受けつぐ形で活動を始めたが,それは当時ユダヤ教の内部改革を意図していたパリサイ派,エッセネ派,熱心党(ゼーロータイ)と共通する姿勢であった。しかし決定的な点でユダヤ教との相違が現れてくる。…

※「バプテスマのヨハネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

バプテスマのヨハネの関連キーワードヨハネ(バプテスマのヨハネ)ヘロデス・フィリッポスナザレ(ガリラヤ地方)聖家族(キリスト教)ヘロデス・アンチパスマタイによる福音書ヨハネによる福音書ヘロデ・アンテパスベネディクトゥスイエスキリストマニフィカトミュスタイア荒野の誘惑イナゴマメマンダ教徒ガブリエルイオアニナピサーノアンデレザカリヤ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android