コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラの精

デジタル大辞泉プラスの解説

バラの精

ロシア出身の振付家ミハイル・フォーキン振付によるバレエ(1911)。原題《Le spectre de la rose》。初演はディアギレフ率いるバレエ・リュス。花の精をニジンスキーが演じた。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

バラの精の関連キーワードレオン バクストロシア・バレエ団M. フォーキンカルサビナバクスト東 勇作

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android