コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

バラの精

1件 の用語解説(バラの精の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉プラスの解説

バラの精

ロシア出身の振付家ミハイルフォーキン振付によるバレエ(1911)。原題《Le spectre de la rose》。初演はディアギレフ率いるバレエ・リュス。花の精をニジンスキーが演じた。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

バラの精の関連キーワード石の花パブロワ瀕死の白鳥フォーキンレ・シルフィードショピニアーナシンフォニー・イン・Cパラードパリの喜びフォー・テンペラメント

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

バラの精の関連情報