リュス(英語表記)Luce, Maximilien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「リュス」の意味・わかりやすい解説

リュス
Luce, Maximilien

[生]1858. パリ
[没]1941.2.6. パリ
フランスの画家スーラシニャックたちとともに新印象派の創設者一人最初 C.デュランに学び,やがてピサロ,シニャックたちに会って,点描法新印象主義的作品を描く。 1888年以来アンデパンダン展に属し,のちその会長となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

脂質異常症治療薬

血液中の脂質(トリグリセリド、コレステロールなど)濃度が基準値の範囲内にない状態(脂質異常症)に対し用いられる薬剤。スタチン(HMG-CoA還元酵素阻害薬)、PCSK9阻害薬、MTP阻害薬、レジン(陰...

脂質異常症治療薬の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android