リュス(英語表記)Luce, Maximilien

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リュス」の解説

リュス
Luce, Maximilien

[生]1858. パリ
[]1941.2.6. パリ
フランスの画家スーラシニャックたちとともに新印象派の創設者の一人。最初 C.デュランに学び,やがてピサロ,シニャックたちに会って,点描法新印象主義的作品を描く。 1888年以来アンデパンダン展に属し,のちその会長となる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android