コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

パッシブ方式 はつしふほうしき,ぱっしぶほうしき

カメラマン写真用語辞典の解説

パッシブ方式

 AF(オートフォーカス)の測距方式のひとつで、被写体から反射してくる光を受光して、測距に使うもの。AF一眼レフの測距方式はパッシブ方式で、しかも位相差検出方式である。コンパクトカメラではパッシブ方式のほかにアクティブ方式もある。なお、デジタルカメラで撮像面AFをしているのは、当然パッシブ方式になり、しかもコントラスト検出方式になる。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

パッシブ方式の関連キーワード液晶ディスプレー赤外線暗視装置赤外線兵器立体テレビ制震構造暗視装置

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android