被写体(読み)ヒシャタイ

大辞林 第三版の解説

ひしゃたい【被写体】

撮影の対象となる人・物や景色。写真に写されるもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひしゃ‐たい【被写体】

〘名〙 写しとられる対象物。写真、テレビなどでいう。〔フィルム写真術(1920)〕
※旅‐昭和三二年(1957)二月号・観光地今昔(山中湖)「別荘住みの人種が、湖上に自家用のヨットを操るのを、いい被写体と追かけまわすという高級避暑地だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

被写体の関連情報