被写体(読み)ひしゃたい

精選版 日本国語大辞典「被写体」の解説

ひしゃ‐たい【被写体】

〙 写しとられる対象物。写真テレビなどでいう。〔フィルム写真術(1920)〕
※旅‐昭和三二年(1957)二月号・観光地今昔(山中湖)「別荘住みの人種が、湖上に自家用のヨットを操るのを、いい被写体と追かけまわすという高級避暑地だった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「被写体」の解説

ひしゃ‐たい【被写体】

写真で、撮影される対象物。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

粉骨砕身

骨を粉にし、身を砕くこと。力の限り努力すること。一所懸命働くこと。[活用] ―する。[使用例] こうなったら、粉骨砕身、身をなげうって社長の政界入りをお手助けせにゃあ[三島由紀夫*近代能楽集|1950...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android