コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビザンチン びざんちんByzantine

翻訳|Byzantine

知恵蔵の解説

ビザンチン

6世紀頃のいまのトルコを中心に栄えた東ローマ帝国の文化様式。ギリシャ・ローマとオリエントの様式が混じり合い、服飾では絹素材に金銀細工や刺繍を施した華麗なスタイル。デザイン面ではギリシャ正教会僧服のような幾何学的な構成や模様などが特徴。2006年秋冬コレクションではクラシックの新たな要素として取り入れたデザイナーが増えた。

(上間常正 朝日新聞記者 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

ビザンチン【Byzantine】

「ビザンチウムの」の意。また、「ビザンツ帝国の」の意。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ビザンチンの関連キーワードダフニ修道院群、オシオスヨハネス ベッサリオンディゲネス・アクリタスイタロ・ビザンチン様式ミリオケファロンの戦いバフラム・チュービーンストゥデニツァ修道院ギリシア正教会の音楽ユスティニアヌス1世カール クルムバハーマンジケルトの戦いサンマルコ大聖堂アンナ・コムネナマニエラ・グレカカルコンディレストラペズス帝国ヘラクレオナススキュリツェスドメスチクスホスロー2世

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ビザンチンの関連情報