造語要素(読み)ぞうごようそ

精選版 日本国語大辞典「造語要素」の解説

ぞうご‐ようそ ザウゴエウソ【造語要素】

〘名〙 言語単位の一つ。意味の分析に対応して認められる最小の単位語形。通常単語といわれるものを構成する要素で、単語の部分としてのみ現われるもののほか単独で単語をなしうるものもある。造語成分語素
※高等国文法新講(品詞篇)(1937)〈木枝増一〉二「この助数詞は〈略〉当然造語要素たる接辞(接尾語)でなければならぬ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報