ビット オットー

新撰 芸能人物事典 明治~平成の解説


国籍
ドイツ

職業
バンドネオン奏者 作曲家

出生地
ケルン

経歴
19歳でタンゴバンド、ビアンコ楽団に入る。第二次世界大戦にはドイツ軍楽隊員として参戦。捕虜生活の中でアメリカのダンス音楽を知り、そののちコンチネンタル・タンゴのバンド、アルフレッド・ハウゼ楽団でバンドネオンのソロ奏者として活躍。「タンゴ・コパカバーナ」「ユリーのために」などタンゴの名曲も作曲した。1977年来日公演で知りあった日本人女性と結婚、’82年から札幌に移り住み音楽活動を続けた。

没年月日
1992年 8月22日

出典 日外アソシエーツ「新撰 芸能人物事典 明治~平成」(2010年刊)新撰 芸能人物事典 明治~平成について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android