札幌(読み)サッポロ

デジタル大辞泉の解説

さっぽろ【札幌】

北海道西部の市。道庁所在地。また、石狩振興局所在地。指定都市。北海道の政治・文化・経済の中心地。ビール・乳製品などの工業が盛ん。明治2年(1869)開拓使を設置、都市建設が進められ、碁盤目状の街路を有する市街が形成された。名は、アイヌ語の豊平川(もと札幌川)の呼称「サッ‐ポロ‐ペッ(乾いた大きな川)」または「サリ‐ポロ‐ペッ(葦原の広大な川)」にちなむ、などの説がある。明治4年(1871)までは札縨と書いた。人口191.4万(2010)。
[補説]札幌市の10区
厚別区北区清田区白石区中央区手稲区豊平区西区東区南区

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

さっぽろ【札幌】

北海道、石狩平野南西部にある市。道庁所在地。指定都市。石狩支庁所在地。北海道開拓の拠点として、豊平川の扇状地に発達し、政治・文化・商業の中心地。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

さっぽろ【札幌】

[一] 北海道南西部にある地名。道庁所在地。石狩平野の西部に位置。明治二年(一八六九)開拓使が置かれてから都市計画が進められ、街路が碁盤目のように直交する市街地が形成された。北海道における政治・経済・文化の中心で、第二次世界大戦後急速に発展し、昭和四七年(一九七二)には、政令指定都市となる。郊外にビール、乳製品などの大工場もあるほか、定山渓温泉、月寒の羊ケ丘、藻岩山・円山の原始林など観光地も多い。大正一一年(一九二二)市制。
[二] 北海道中央部、石狩支庁にあった郡。明治二年(一八六九)石狩国の一郡として成立。同三〇年札幌支庁に編入。大正一一年(一九二二)札幌市が成立し、石狩支庁の所属となる。平成八年(一九九六)北広島市の成立で消滅。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

札幌の関連情報