コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ビンソン[山] ビンソン

2件 の用語解説(ビンソン[山]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ビンソン[山]【ビンソン】

南極大陸エルズワース・ランド南部にある山塊。標高4897mに達し,南極大陸の最高点とされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ビンソン[山]【Vinson Massif】

南極,エルズワース山脈Ellsworth Mountains群中の南部にあるセンチネル山脈Sentinel Range中の山塊で,南緯78゜35′,西経85゜25′に位置する。長さ約21km,幅約13kmの山塊中の最高点5140mに命名され,南極で最も高い。1958年1月にアメリカの空中偵察で発見され,同国の南極関係議員カール・ビンソンCarl G.Vinsonの名をつけた。1966年12月17~19日,10名のアメリカ登山隊員全員(日本人1名を含む)が初登頂を行った。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ビンソン[山]の関連キーワードアトラス山脈アンデス山脈ゴールズワージーカイラス山ワーストワーズワースカフカス山脈ビンソン・マッシフフィッシャーマンズワーフコーカサス山脈

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone