コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ピタヤ

栄養・生化学辞典の解説

ピタヤ

 熱帯から亜熱帯のナデシコ目サボテン科モモサボテン属[Hylocereus undatus]の木の果実.生食される.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

世界大百科事典内のピタヤの言及

【サボテン】より

…月下美人の花も食用にされる。ハシラサボテンのピタヤHylocereus undatus (Haw.) Br.et R.の果実は果肉がゼリー状で甘く,ウチワサボテンのオプンティア・フィクスインディカOpuntia ficusindica (L.) Mill.(英名Indian fig)の果肉も赤くて甘い。いずれも中南米では果物として市場に並び,ウチワサボテン類の食用となる果実をツナtunaと呼ぶ。…

※「ピタヤ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ピタヤの関連キーワードHylocereus undatusピタヤボウル果樹