フィルン線(読み)フィルンせん(英語表記)firn line

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フィルン線
フィルンせん
firn line

氷河上で集積区と消耗区を分ける線。換言すれば,氷の年間収支が0である点を連ねた線。日射や卓越風向に対する斜面の方向や付近の地形などによってその高さが支配される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のフィルン線の言及

【雪線】より

…このように積雪の下限を連ねる線を雪線とよぶこともある。とくに,夏の終りに積雪の下限すなわち氷(氷河氷)と雪(フィルン)との境が最も高くなったとき,これを年的雪線annual snowlineまたはフィルン線firn line(limit)という。均衡線は氷河の質量収支(涵養と消耗のバランス)を計算しないと決定できないが,年的雪線は肉眼で識別できるので,均衡線の近似する位置を求めるために用いられることが多い。…

※「フィルン線」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android