斜面(読み)シャメン

デジタル大辞泉 「斜面」の意味・読み・例文・類語

しゃ‐めん【斜面】

傾斜している面。「山の斜面
[類語]斜めはす斜交はすか斜掛はすか筋交すじか筋違いなぞえ袈裟けさ懸けしゃ筋向かい

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「斜面」の意味・読み・例文・類語

しゃ‐めん【斜面】

  1. 〘 名詞 〙 傾斜している面。水平面に対していう。
    1. [初出の実例]「上谷より七八度の斜面にて、〈略〉泥水を飛瀉せしめ」(出典:米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一)

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

改訂新版 世界大百科事典 「斜面」の意味・わかりやすい解説

斜面 (しゃめん)

傾いた面。力学で斜面の重要性は非常に大きい。近代科学の祖ガリレイは,重力による落下の等加速度運動は速すぎて測定がむずかしいので,斜面を用いてゆっくりした等加速度運動になおして研究を行い,力学の基礎を築いた。水平とつくる角がθの斜面上に置かれた質量m物体に働く重力mg(gは重力加速度)を,斜面に平行な成分mgsinθと垂直な成分mgcosθとに分けると,後者は斜面の抗力によって打ち消され,摩擦力がなければ,物体は前者によって加速度gsinθで斜面を滑り落ちる(図)。θを小さくすれば加速度も小さくなるから,時間と滑り落ちる距離などの測定もやりやすい。半径r慣性モーメント2の球(κ2=2r2/5)や円柱κ2r2/2)が斜面の最大傾斜線に沿ってころがり落ちる場合には,重心の加速度はgsinθ/(1+κ2/r2)となってさらに小さくなる。また,物体をもち上げるときに,斜面に沿って引っぱり上げれば,力は小さくてすむので,昔から重い物をもち上げるのに利用されている。ただし,こうしても仕事は斜面を利用しないときと同じである。
執筆者:


出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android