斜面(読み)シャメン

世界大百科事典 第2版の解説

しゃめん【斜面】

傾いた面。力学で斜面の重要性は非常に大きい。近代科学の祖ガリレイは,重力による落下の等加速度運動は速すぎて測定がむずかしいので,斜面を用いてゆっくりした等加速度運動になおして研究を行い,力学の基礎を築いた。水平とつくる角がθの斜面上に置かれた質量mの物体に働く重力mg(gは重力加速度)を,斜面に平行な成分mgsinθと垂直な成分mgcosθとに分けると,後者は斜面の抗力によって打ち消され,摩擦力がなければ,物体は前者によって加速度gsinθで斜面を滑り落ちる(図)。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

しゃめん【斜面】

水平面に対して傾いている平面、または地面。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

しゃ‐めん【斜面】

〘名〙 傾斜している面。水平面に対していう。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「上谷より七八度の斜面にて、〈略〉泥水を飛瀉せしめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

斜面の関連情報