コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルミ=ディラック統計 ふぇるみでぃらっくとうけい

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルミ=ディラック統計
フェルミディラックとうけい

フェルミ統計」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフェルミ=ディラック統計の言及

【量子統計】より

…ボース粒子は,2粒子交換で波動関数が(符号を含め)まったく不変であるような粒子のことであり,これにはスピンが整数の素粒子や複合粒子,すなわちπ中間子,フォトン,質量数が偶数の原子核などが属する。このことから,フェルミ粒子の場合は一つの粒子状態を占める粒子数は0または1に限られる(フェルミ=ディラック統計,またはフェルミ統計という)。一方,ボース粒子の場合は一つの粒子状態が収容できる粒子数は0,1,2,3,……と限りがない(ボース=アインシュタイン統計,またはボース統計という)。…

※「フェルミ=ディラック統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報