コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

フェルミ統計 フェルミトウケイ

大辞林 第三版の解説

フェルミとうけい【フェルミ統計】

フェルミ粒子の集団を扱う統計。フェルミ-ディラック統計。 ↔ ボース統計

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

フェルミ統計
フェルミとうけい
Fermi statistics

フェルミ=ディラック統計ともいう。電子や陽子などのように半奇数のスピンをもつ粒子パウリの原理のために2個以上の粒子が同じ状態を占めることはできない。このような粒子はフェルミ統計に従うといい,フェルミオンまたはフェルミ粒子と呼ぶ。量子論ではフェルミオン系の波動関数は粒子の交換に対して符号を変える,すなわち反対称である。このことをフェルミ統計に従うという。粒子数が多く,かつ粒子間の相互作用が無視できる場合には,個々の粒子が各エネルギー準位を占める数の平均はフェルミ分布に従う。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のフェルミ統計の言及

【量子統計】より

…ボース粒子は,2粒子交換で波動関数が(符号を含め)まったく不変であるような粒子のことであり,これにはスピンが整数の素粒子や複合粒子,すなわちπ中間子,フォトン,質量数が偶数の原子核などが属する。このことから,フェルミ粒子の場合は一つの粒子状態を占める粒子数は0または1に限られる(フェルミ=ディラック統計,またはフェルミ統計という)。一方,ボース粒子の場合は一つの粒子状態が収容できる粒子数は0,1,2,3,……と限りがない(ボース=アインシュタイン統計,またはボース統計という)。…

※「フェルミ統計」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

フェルミ統計の関連キーワードボース‐アインシュタイン統計フェルミガスモデルフェルミレベルボルツマン統計交換相互作用フェルミ準位フェルミ液体量子統計力学フェルミ気体オルト水素超ひも理論ボース統計核スピン自由電子超対称性電子ガス縮退温度バリオンハドロン統計力学

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android