フドゥルルックの丘(読み)フドゥルルックノオカ

デジタル大辞泉「フドゥルルックの丘」の解説

フドゥルルック‐の‐おか〔‐をか〕【フドゥルルックの丘】

Hıdırlık Tepesi》トルコ北部の小都市サフランボルの市街南東部にある。世界遺産(文化遺産)に登録された伝統的な家並みを望む展望地として知られる。19世紀半ばに建てられたハッサンパシャ廟がある。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

グレコローマンスタイル

アマチュアのレスリング競技形式の一種。競技者は腰から下の攻防を禁じられており,上半身の攻防のみで戦う。ヨーロッパで発生したのでヨーロッパ型レスリングとも呼ぶ。古代ギリシア時代から行なわれていた型が受け...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android