ブグリマベレベイ丘陵(読み)ブグリマベレベイきゅうりょう(英語表記)Bugul'minsko-Belebeevskaya vozvyshennost'

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブグリマベレベイ丘陵
ブグリマベレベイきゅうりょう
Bugul'minsko-Belebeevskaya vozvyshennost'

ロシア西部にある丘陵地帯。ウラル山脈南部の西方,ウファサマーラの間に広がる。標高 200~400mで,深い河谷により分断されている。石灰岩,砂岩粘土などから成り,カルスト地形がみられる。森林ステップ地帯にあり,耕地化が進んでいる。またボルガ=ウラル油田に属する産油地帯で,石油資源の開発も進んでいる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

余震

初めの大きい地震に引き続いて,その震源周辺に起こる規模の小さい地震の総称。大きい地震ほど余震の回数が多く,余震の起こる地域も広い。余震域の長径の長さは,地震断層の長さにほぼ対応している。マグニチュード...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android