標高(読み)ひょうこう(英語表記)height above mean sea level

  • ひょうこう ヘウカウ
  • ひょうこう〔ヘウカウ〕
  • 標高 elevation

世界大百科事典 第2版の解説

基準面から測ったある地点までの垂直距離をいう。基準面は海面を選ぶ場合が多いので,海抜または海抜高度と呼ばれることもある。日本における陸地の高さ(標高)は,明治10年前後の東京湾の平均海面を基準面として,水準原点(東京都千代田区永田町1丁目1番地の水準標石の零分区画線)の高さを平均海面上24m4140とし,これを基準として測定されたものである。設置した当初は24m5000であったが,関東大地震(1923)後の再測によりこの数値となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 ある地点の平均水面からの高さをいう。海抜。
※狂乱(1922)〈近松秋江〉八「そこに峙(そばだ)ってゐる鷲峰山は標高はやうやく三千尺に過ぎないが」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

エッセンシャルワーカー

ライフラインの維持に欠くことができない仕事に従事している人たちを指す。医療従事者、薬局、スーパー、物流企業の従業員、公共交通の運転手、警察官、消防士、ごみ収集作業で働く人などが該当する。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

標高の関連情報