ブナスク伯領(読み)ブナスクはくりょう(英語表記)Comtat Venaissin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブナスク伯領
ブナスクはくりょう
Comtat Venaissin

フランス南東部の旧封建所領。ローヌ川デュランス川にはさまれた一画で,現在のボクリューズ県に含まれる。中心都市はカルパントラス。 1125年ツールーズ伯領となったが,1271年フランス王領,次いで 74~91年ローマ教皇領であった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android