コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルースター角 ブルースターカク

法則の辞典の解説

ブルースター角【Brewster angle】

誘電体表面で反射する光について,電気ベクトルが入射面内にある光の反射率が零となる角度のこと.

出典 朝倉書店法則の辞典について 情報

世界大百科事典内のブルースター角の言及

【反射】より

…tanφ1n2/n1となる入射角ではRPが0となり反射光はs偏光成分のみとなる。このような入射角をブルースター角という。またn2n1のとき,sinφ1n2/n1となる入射角以上ではRPRsも1となる。…

【光】より

…(1)光の電場が入射面に垂直な場合(このような光をs偏光という),(2)光の電場が入射面に平行な場合(p偏光という),これからわかるように,θD+θI=π/2が満たされるとき,電場が入射面に平行なp偏光の反射係数は0,いいかえればp偏光は反射されない。これはtanθIn21なる入射角で起こり,この角をブルースター角という。自然光をこの角で入射すれば,反射光は電場が入射面に垂直な直線偏光(s偏光)のみとなる。…

【ブルースターの法則】より

…光が屈折率nの透明媒質の表面にtanθ=nできまる特定の角度θで入射したとき,反射光は入射面に垂直な振動面をもつ完全な直線偏光になるという法則。このθを偏光角またはブルースター角という。この現象を利用したものに,赤外線の偏光器,気体レーザー管の両端窓などがある。…

【偏光器】より

…偏光子または検光子として次のものがある。(1)ブルースター角(材質の屈折率をn,入射角をθとしてtanθ=nをみたす角)での反射を利用した素子。これにはネレンベルグの偏光器があり,赤外用として多く使用されている。…

※「ブルースター角」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android