コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

角度 カクド

デジタル大辞泉の解説

かく‐ど【角度】

二つの直線や平面が交わって作る角の大きさ。単位はラジアン・度・分(ふん)・秒。
物を見る方向。また、物を考える立場。「角度を変えて撮影する」「あらゆる角度から検討する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

角度【かくど】

の大きさ。一回りを360度(記号°)とし,1度を60分(′),1分を60秒(″)とする。弧度(ラジアン)も角度の単位。→角の三等分問題

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

かくど【角度】

角の大きさ。単位としては普通、度またはラジアンを用いる。
見たり考えたりする立場。観点。 「この-から見る富士山が最も美しい」 「もう一度-を変えて考えてみよう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

角度の関連キーワードリクライニングチェアレフレックスカメラエッジワイズ角礫岩ふでDEまんねんゴニオメーターカメラアングルダブルプライム鉛直配光曲線セクター歯車植え付け角度軌道傾斜角ブラッグ角アイソメ図ジャルジースラッシュ角度ゲージ空中写真俯瞰撮影アングル操舵装置

今日のキーワード

ヨリトフグ

硬骨魚綱フグ目フグ科に属する海水魚。本州中部以南の各地と世界中の温帯から熱帯域に分布する。フグ科魚類のなかでも分布範囲がもっとも広い種である。体は円滑で小棘(しょうきょく)はなく、体の腹面に多数のしわ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角度の関連情報