角度(読み)カクド

デジタル大辞泉の解説

かく‐ど【角度】

二つの直線や平面が交わって作る角の大きさ。単位はラジアン・度・分(ふん)・秒。
物を見る方向。また、物を考える立場。「角度を変えて撮影する」「あらゆる角度から検討する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

かくど【角度】

角の大きさ。単位としては普通、度またはラジアンを用いる。
見たり考えたりする立場。観点。 「この-から見る富士山が最も美しい」 「もう一度-を変えて考えてみよう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

かく‐ど【角度】

〘名〙
① 角の大きさ。専門的にはラジアン、実用的には度、分、秒の単位で測る。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉中「投射の光線と鉛直線とに因りて成る所の角度」
② (比喩的に用いて) 物の見方の方向、方面。観点。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「睡魔の妖腕をかりて、ありとあらゆる実相の角度を滑かにすると共に」
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉九「最高裁判所が憲法の番人だといわれることの意味も、この角度から、考える必要がある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

在職老齢年金

就業している高齢世代にも一定の年金を支給する制度。2004年の年金改正で、就労を阻害せず、働くことに中立な仕組みにするため、60歳代前半の人には厚生年金(定額部分も含む)の一律2割カットの仕組みを廃止...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

角度の関連情報