角度(読み)かくど

精選版 日本国語大辞典「角度」の解説

かく‐ど【角度】

〘名〙
の大きさ。専門的にはラジアン、実用的には度、分、秒の単位で測る。
※改正増補物理階梯(1876)〈片山淳吉〉中「投射の光線と鉛直線とに因りて成る所の角度」
② (比喩的に用いて) 物の見方の方向、方面。観点。
※草枕(1906)〈夏目漱石〉三「睡魔の妖腕をかりて、ありとあらゆる実相の角度を滑かにすると共に」
※憲法講話(1967)〈宮沢俊義〉九「最高裁判所が憲法の番人だといわれることの意味も、この角度から、考える必要がある」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「角度」の解説

かく‐ど【角度】

二つの直線や平面が交わって作る角の大きさ。単位はラジアン・度・分(ふん)・秒。
物を見る方向。また、物を考える立場。「角度を変えて撮影する」「あらゆる角度から検討する」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

バブル方式

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)感染拡大防止策の一。国際的なスポーツ大会で、選手や運営関係者を隔離し、外部と接触させない方式。[補説]泡(バブル)の膜でとり囲むように、内部と外部を遮断する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android