コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブルー教会 ブルーきょうかい

1件 の用語解説(ブルー教会の意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ブルーきょうかい【ブルー教会】

フランス南東部、ローヌアルプ地方の中心都市リヨン(Lyon)の北北東約50km、ブールガンブレス(Bourg-en-Bresse)南東郊外のブルー(Brou)にある、ブルー修道院Monastère de Brou)の教会堂(Église de Brou)。リヨンから列車で1時間のブールガンブレス駅下車。◇この修道院の正式名称は「サンニコラドトレンタン大修道院」(Saint-Nicolas-de-Tolentino de Brou)である。教会堂内部の後期ゴシック・フランボワイヤン様式の、内陣の荘麗な装飾や美しい霊廟(れいびょう)彫刻で知られる。神聖ローマ皇帝マクシミリアン1世(1459~1519年)と最後のブルゴーニュ公女マリー(1457~1482年)との間に生まれた長女マルグリットが1506~1532年にかけて、狩猟中に事故死した夫のサヴォワ公の霊廟として建てたもので、彼女自身もここに葬られている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブルー教会の関連キーワードエクスレバンドーフィネリヨンローヌ川アヌシー湖チーニュテロー広場ブルジェ湖フランスのぶどう収穫祭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone