ブンデスリーガ(英語表記)Bundesliga

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ブンデスリーガ
Bundesliga

ドイツの全国プロサッカーリーグ。「ドイツ連邦共和国のリーグ」を意味し,1,2部各 18チームに分かれている。旧西ドイツは地域リーグ覇者が優勝決定戦で全国一を争っており,全国リーグは他の強豪国より遅れて 1963年に始まった。バイエルン・ミュンヘン,ボルシア・ドルトムント,ハンブルガー SVなどがヨーロッパ王者に輝いている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

ブンデスリーガ

ドイツリーグ。リーグ発足は1963年、それまでは5つの地域リーグの優勝チームが全国優勝を競う大会だったのを全国リーグ方式に変え、同時にプロ化を推進した。最初の優勝チームは1.FCケルン、その後70年代に台頭したバイエルン・ミュンヘンやボルシア・メンヘングラッドバッハが欧州でも強豪チームとなってブンデスリーガの全盛時代を迎える。80年代以降はボルシア・ドルトムント、バイヤー・レバークーゼン、ベルダー・ブレーメンといったチームも力をつけていった。バイエルンを中心としながらも、複数の強豪チームによる競争となっているのがブンデスリーガの特徴であり、比較的実力が均衡したリーグといえる。77年に日本人初のプロ選手として1.FCケルンと契約し、その後10年にわたってプレーした奥寺康彦が有名。高原直泰が2003年からハンブルガーSV、06年からアイントラハト・フランクフルトでプレー、07年には稲本潤一もフランクフルトでプレーしている。

(西部謙司 サッカージャーナリスト / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

テレワーク・デイズ

働き方改革の一環として、自宅や出先の事務スペースで勤務する「テレワーク」の一斉実施を政府が推奨する運動。2020年に東京オリンピックの開会式が予定される7月24日を「テレワーク・デイ」と位置づけて参加...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ブンデスリーガの関連情報