コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ブーケトス bouquet toss

2件 の用語解説(ブーケトスの意味・用語解説を検索)

結婚式・ブライダル用語集の解説

ブーケトス

花嫁が後ろ向きになって挙式で使用したブーケを未婚女性に向かって、背中越しに投げる演出のこと。ブーケを受け取った女性が「次の花嫁になれる」、または「幸せになれる」といわれています。投げる際は、上ではなく後ろに高く投げるイメージで。新郎は新婦の腰に手を回し、新婦が転倒しないよう支えます。ブーケトスの際には、空中でバラけないよう小ぶりで崩れにくい専用の「トスブーケ」を使うのが一般的です。遠慮して誰も取らずに床に落ちてしまうと台無しな上に、もう一度投げることは厭われるため、参加者には前もって「受け取ってね。」と伝えておきましょう。トスをするのに充分なスペースが取れない場合や、衝撃でお花が傷んでしまうことを避けるために、ブーケプルズという方法もあります。ブーケプルズとは、高く持ち上げたブーケに数本のリボンをつけ、それを未婚の女性に引いてもらう演出のことです。そのうちの一つにだけ花嫁が持っているウエディングブーケがついていて、幸せのお裾分けとして行われます。

出典|2story.net
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ブーケ‐トス(bouquet toss)

結婚式で、花嫁が参列者にウエディングブーケを投げること。未婚の女性が受け取ると、次に結婚できるとされる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ブーケトスの関連キーワードブーケプルズ後ろ向き釈迦担ひ前向きウエディングブーケ後ろ様ループジャンプ後ろ向き研究ロンダート後ろ蹴り

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ブーケトスの関連情報