ヘキサヒドロキソアンチモン(Ⅴ)酸塩(読み)ヘキサヒドロキソアンチモンサンエン

  • hexahydroxoantimonate(Ⅴ)

化学辞典 第2版の解説

M[Sb (OH)6].Sbのヘキサヒドロキソ錯体.組成からM2H2Sb O7nH2O(ピロアンチモン酸塩),あるいはMSbO3nH2O(メタアンチモン酸塩)とみなされたが誤称である.K塩は,SbCl3のHCl酸性水溶液を濃KOH水溶液で中和して,KMnO4で酸化すると生成する.あるいは,粉末SbとKNO3との混合物を赤熱反応させ,冷却後KOHで処理してつくる.また,Sb2O5とKOHの反応でも得られる.たとえば,Na[Sb(OH)6]は正方晶系結晶で,正方にひずんだ塩化ナトリウム型構造.[Sb(OH)6] はほとんど正八面体型.Sb-O1.97 Å.Naもほとんど正八面体型にOで囲まれている.Na-O2.32 Å.Li,K塩は水に可溶,ナトリウム塩は水に難溶.K塩は,陽イオン定性分析で,ナトリウムイオンの確認用に用いられる.[CAS 10090-54-7:K2H2Sb2O7]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android