組成(読み)ソセイ

デジタル大辞泉の解説

そ‐せい【組成】

[名](スル)
いくつかの要素・成分によってひとつのものを組み立てること。また、その組み立て。
「五百名の代議士を以て―せる公会と」〈竜渓経国美談
化合物などを構成する成分およびその量の割合。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

岩石学辞典の解説

組成

岩石学で用いる場合には,各成分(component)に量を含めて表す際に使用する.成分には量的なものは含まない.

出典 朝倉書店岩石学辞典について 情報

大辞林 第三版の解説

そせい【組成】

( 名 ) スル
いくつかの要素・成分から一つの物を作り上げること。 「全山塊は大概輝石安山岩より-す/日本風景論 重昂
化学で、化合物を構成する元素の質量あるいは原子数の比。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

そ‐せい【組成】

〘名〙 いくつかの要素、成分から組み立てること。また、その組立。組織。
※舎密局開講之説(1869)〈三崎嘯輔訳〉「漸漸許多物体の組成を悟り、酸窒の二原質を発明す」
※政党評判記(1890)〈利光鶴松〉四「於是乎別に一派を組成するの必要顕はる」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

組成の関連情報