正方(読み)セイホウ

  • せいほう ‥ハウ
  • せいほう〔ハウ〕

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙
① 各辺の長さの等しい四角。ましかく。正方形。〔柳宗元‐柳州山水近治可游者記〕
② 真正面。まっすぐ前。また、直立すること。
※筑紫道記(1480)「御社の正方は戌亥にて、志賀の嶋にむかへり」 〔礼記‐曲礼上〕
③ 正しいこと。方正。〔晉書‐楽志下〕
④ 正しい方法。正規の処方。また特に、秘密の調薬法に対して一般にとり行なわれている薬物調法をさしていう。
※言継卿記‐永祿九年(1566)九月二五日「五霊膏、豆蔲散等之方被懇望之間令相伝之、但豆蔲散非正方、別而秘方之間如此」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ソフトロボティクス

ロボティクスの一分野。強度的・構造的に適度なやわらかさがあり、繊細な力加減で動作できるロボットに関する研究。→ソフトロボット...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android