コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ベイトシャディ Bait Siyadi

デジタル大辞泉の解説

ベイト‐シャディ(Bait Siyadi)

バーレーンの都市ムハラクの市街中心部にある邸宅。真珠貿易で財を成した商人アハマド=ビン=カシム=シャディにより、20世紀初頭に建造。屋外から風を取り込むためのウインドタワーがあり、繊細な透かし彫りを施された窓をもつ。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ベイトシャディの関連キーワードバーレーン

今日のキーワード

悪魔の証明

証明が非常に困難なものごとを表す比喩表現。古代ローマ法において所有権の帰属証明が極めて困難であったことから、この言葉が初めて用いられたとされている。現代においては、権利関係や消極的事実の証明に関する法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android