コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーチのモスク ペーチのモスク

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペーチのモスク【ペーチのモスク】

ハンガリー南東部の都市ペーチにある教会ハンガリー南部のブダペスト南南西160km、古都ペーチに位置し、町の中心部のセーチェニイ広場のそばに建つ、イスラム様式の巨大な建物である。丸いドームでかつては「ガージカシムバシャモスク」と呼ばれ、壁画とフレスコ画が印象的といわれる。現在は教会となっていて、この教会内ではオルガンが最も新しい。ペーチは紀元前2世紀にローマ帝国によって拓かれ、16世紀以後オスマントルコ支配となったため、アラブの雰囲気を色濃く残す町である。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android