コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ペーチのモスク ペーチのモスク

1件 の用語解説(ペーチのモスクの意味・用語解説を検索)

世界の観光地名がわかる事典の解説

ペーチのモスク【ペーチのモスク】

ハンガリー南東部の都市ペーチにある教会。ハンガリー南部のブダペスト南南西160km、古都ペーチに位置し、町の中心部のセーチェニイ広場のそばに建つ、イスラム様式の巨大な建物である。丸いドームでかつては「ガージカシムバシャモスク」と呼ばれ、壁画とフレスコ画が印象的といわれる。現在は教会となっていて、この教会内ではオルガンが最も新しい。ペーチは紀元前2世紀にローマ帝国によって拓かれ、16世紀以後オスマントルコ支配となったため、アラブの雰囲気を色濃く残す町である。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ペーチのモスクの関連キーワードリレハンメルアバシュ教会ガージカーシムパシャモスクカープタラン通りセゲド大聖堂ソピアネペーチ大聖堂ヤコバーリハッサーンモスクハンガリー岩ペーチュ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone