コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

壁画 へきが mural painting

7件 の用語解説(壁画の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

壁画
へきが
mural painting

聖堂,寺社,宮殿などの建築物の内壁,天井,柱などの表面に描かれた絵画。古い時代から存在し,旧石器時代に洞窟の岩面の粗地に顔料を施した動物画の壁画が現存する。エーゲ海クレタ文化の時代にはすでに漆喰の化粧地の壁面に描かれ,この方法が,ポンペイの壁画が示すように古代ローマ時代には高度の技法と芸術性のある壁画に発展した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

へき‐が〔‐グワ〕【壁画】

建物や洞窟(どうくつ)内の壁・天井などに描かれた絵画。また、建築壁面に組み込まれたカンバス画・板絵。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

壁画【へきが】

建築物や洞窟の壁面に描かれた絵画。mural painting。旧石器時代の洞窟美術に始まり,各時代,各地を通じて絵画の重要部門であった。一種の装飾が目的であったが,寺院,神殿,墳墓では宗教的意味をももつ。
→関連項目モザイク(工芸)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル大辞泉プラスの解説

壁画

矢代静一による戯曲。初演は劇団新人会(1955年)。同年、第1回新劇戯曲賞(のちの岸田国士戯曲賞)にて佳作となる。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

へきが【壁画 mural painting】

建築の内壁(外壁の場合もあるが,風雨にさらされて傷みやすいので例は少ない)に顔料を用いて描いた絵。西洋では古代メソポタミア(テル・ウケル,前3000ころ),東洋では漢代の中国,アジャンター(前1世紀以降)に初期の作例が見られ,日本では,5~7世紀の,いわゆる装飾古墳の壁面に彩色が施されている。垂直壁だけでなく,水平またはそれに近い天井ないしボールトの壁面の場合をも含み,また洞窟内の人工壁の場合(アジャンター敦煌莫高窟カッパドキアなど)もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

へきが【壁画】

壁面・天井などに描いた絵画。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

壁画
へきが
wall painting英語
peinture muraleフランス語
Wandmalereiドイツ語

建造物の壁面や天井に顔料で直接描いた絵画、あるいは予定した建築壁面のために描き、完成後そこに組み込まれたカンバス画や板絵をいう。主として建築や墳墓の装飾として発展したが、ラスコーアルタミラの旧石器時代の洞窟(どうくつ)壁画や、タッシリ・ナジェールの岩壁画のような天然の岩面に描かれた絵、またモザイクやタイルなどによる壁面装飾も広義には壁画の一種ということができるであろう。作品の規模や質は異なるとしても、絵画のもっとも古い形として、ほとんどの地域と時代にわたって作例がみられる。
 壁画はその目的および造形・技術面でも、それが描かれる建造物と密接な関係がある。古代には王宮や神殿、墓室の壁面を飾るモニュメンタルな作例が多い。古代エジプトでは玄室の壁画に優品が多数あり、メソポタミアでもテル・ハリリ遺跡のマリの宮殿などで発掘されている。エーゲ海地方では、クレタ島のクノッソス宮殿とサントリン島(ティラ島)のアクロティリ遺跡で発掘されたものが名高い。歴史時代の古代ギリシアの壁画は現存しないが、パウサニアスなどの文献によって、ギリシア建築も壁画で飾られていたことがわかる。アテネのアゴラにあったストア・ポイキレはポリュグノトス、ミコン、パナイノスの三大画家によるフレスコで美しく装飾されていたという。ローマ時代以前の古代イタリアでは、タルクィニアなどのエトルリアの都市で、壁画のある地下墓室が数多く発見されている。古代ギリシア絵画の反映を伝えるローマ時代の作例は、ベスビオ火山の噴火で埋没した二つの都市、ヘルクラネウムとポンペイから発掘されている。
 初期キリスト教時代にはカタコンベに壁画が描かれ、中世においてもライヒェナウ修道院やサン・サバンの聖堂などにみられるように壁画制作は続いた。しかし、ビザンティンの聖堂ではむしろモザイクが盛んとなり、一般に中世には耐久性の乏しいセッコ技法で描かれたこともあって、保存のよい壁画は少ない。西洋絵画史上、壁画がもっとも重要な位置を占めた時代は、ジョットを先駆者とし、マサッチョ、ピエロ・デッラ・フランチェスカ、マンテーニャらを経てミケランジェロに至る「真のフレスコ」技法が隆盛したイタリア・ルネサンスである。ついでティントレットやベロネーゼに代表されるベネチア派の後期の画家たちは、壁に直接描くのではなく、油彩でカンバスの大画面に描く方法を採用するようになる。バロック時代のイリュージョニズムの天井画を最後に、西洋での壁画は衰退する。
 東洋の壁画は、仏教遺跡と墳墓の墓室にみられる。墓室壁画の古い例は中国前漢時代にまでさかのぼる。アジャンタの石窟、敦煌(とんこう)石窟(千仏洞)などは壁画で著名な仏教遺跡である。なお、アフガニスタンのバーミアン石窟の壁画も著名であるが、2001年軍事勢力であるタリバン政権により磨崖仏(まがいぶつ)(摩崖仏)とともに破壊され、大部分が失われた。日本では高松塚古墳の墓室壁画、法隆寺金堂の壁画、平等院鳳凰(ほうおう)堂の扉板絵などが代表的作例である。わが国では建築構造や美意識の違いからか、建築壁面に固定された壁画は発展せず、それにかわるものとして、襖(ふすま)や屏風(びょうぶ)に描いた障屏(しょうへい)画がある。
 壁画と建築の関係には実にさまざまな問題が含まれ、壁画の絵画空間と建築自体の空間との関係に焦点を絞れば、およそ次のようないくつかの類型があげられる。
 単純に平面的な装飾画として壁面自体の平面性と一体化した壁画は、建築の空間構成を強調し明瞭(めいりょう)にする。開かれた窓あるいは扉のような効果を壁画で表現する方法はポンペイに例があるが、この方法を推し進めると、周囲の壁面をくまなく自然の景物で覆い尽くすことで建築を否定し、建築空間を変質させるような壁画も生まれる(サントン島の壁画や古代ローマのビラの壁画など)。石窟の仏教壁画や中世のキリスト教聖堂壁画は、見る者の立つ空間に働きかける絵画であり、ルネサンスの壁画は、想像力の世界を開く象徴的な窓である。そしてポンペイの開かれた扉の方法を、垂直方向の誇張した遠近法に変形させれば、バロックのイリュージョニズムの天井画となる。[長谷川三郎]
『宮下孝晴著『フレスコ画のルネサンス――壁画に読むフィレンツェの美』(2001・日本放送出版協会) ▽横山祐之著『芸術の起源を探る』(朝日選書) ▽大野彩著『フレスコ画への招待』(岩波アクティブ新書)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内の壁画の言及

【絵画】より

…絵画は一般に,平面的な素地(基底材)supportの上に水,油などの媒材で溶いた顔料,または鉛筆,チョーク,パステル等の固形の画材によって,さまざまの形,色を配合してイメージを作り出していく造形芸術である。素地としては紙,羊皮紙,牛皮紙,麻布(キャンバス),絹布,板,ガラス等のほか,壁画や襖絵の場合のように,壁,天井,建具などの建築の一部が用いられることがあり,また壺絵,蒔絵,染織等のように工芸品も用いられる。そのためモザイク,ステンド・グラス,タピスリー(壁掛綴織),陶器,家具,什器などの装飾も,広い意味で絵画に属すると考えられることがある。…

【仏画】より

…仏画はその目的や用途に応じて形式を異にし,素材も選択される。
[形式]
 (1)壁画 (a)土壁 インドのアジャンターやバーミヤーン壁画が古く,中央アジアのミーラーン,キジル,アスターナやベゼクリク,中国への入口の敦煌千仏洞など,現存する壁画のほとんどが石窟寺院内の壁画である。文献によれば,南北朝時代には木造寺院にも壁画がみられ,唐代になって隆盛をきわめる。…

【ローマ美術】より

…ポリュクレイトスやプラクシテレスらの原作ばかりでなく,厳格様式の原作やエジプト彫刻を模した作品もあり,それらによって,ローマ人の美術に対する各時代の好みと,今は失われたギリシア彫刻を知ることができる。
【絵画】
 ポンペイが埋没するまでのローマ絵画の変遷は,おもにポンペイ遺跡の壁画によって判明している。ポンペイの壁画および壁面装飾は前3世紀末から後79年まで4様式に区分されている。…

※「壁画」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

壁画の関連キーワード白骨外壁風に櫛り雨に沐う内壁野晒し風雨石灰礫岩副編外壁工事外壁塗料

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

壁画の関連情報