コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロゴン Hologon

カメラマン写真用語辞典の解説

ホロゴン

 カール・ツアイスのエアハルト・グラッツェルが1966年に開発した超広角レンズ。完全な 対称型レンズ の構成を持ち、35mm判用として15mmF8がライカM型用に供給された。のちに、コンタックスGシリーズ用として、ホロゴン16mmF8も開発された。

出典 カメラマンWebカメラマン写真用語辞典について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android