コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ホロー荘の殺人

デジタル大辞泉プラスの解説

ホロー荘の殺人

英国の作家アガサ・クリスティミステリー(1954)。原題《The Hollow,〈別〉Murder after Hours》。ホロー荘に招かれた名探偵エルキュール・ポアロは、プールサイドで死にかけている男と銃を手にして立ちつくすその妻を目にする。1985年野村芳太郎監督が映画化(『危険な女たち』)したほか、2008年パスカル・ボニゼール監督でも映画化されている(邦題『華麗なるアリバイ』)。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ホロー荘の殺人の関連情報