コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポアロ Hercule Poirot

1件 の用語解説(ポアロの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ポアロ【Hercule Poirot】

イギリスの推理小説家アガサ・クリスティの推理小説の相当数に登場する私立探偵。最初の登場はクリスティの処女作《スタイルズ荘の怪事件》(1920)で,彼はもとベルギー警察官で,退職してイギリスに移住したことになっている。フランス語風の妙な英語をしゃべり,おしゃれ変り者だが,人間心理の洞察にかけては超人的で,目や足でなく〈灰色の脳細胞〉を働かせてなぞを次々に解決する。【小池 滋】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のポアロの言及

【推理小説】より

…1920年にA.クリスティの処女作《スタイルズ荘の怪事件》と,F.W.クロフツの処女作《樽》がともに発表されたのが,その幕開きである。クリスティは以後アマチュア探偵ポアロを主人公とした,パズルとトリックに重点を置いた(そのため現実性が希薄と批判されることもある)推理小説を半世紀以上も書き続けた。一方,クロフツの作品は,超人的頭脳に恵まれたホームズ,ポアロ型と正反対の,平凡な警察官や素人が,もっぱら足と根気で試行錯誤を繰り返しながら真相に迫るという,より地味だが現実味あふれるものであった。…

※「ポアロ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ポアロの関連情報