ポケットコンピューター(読み)ぽけっとこんぴゅーたー

ASCII.jpデジタル用語辞典「ポケットコンピューター」の解説

ポケットコンピューター

関数電卓としての機能をそなえ、C言語、BASICなどを使用してプログラミングも行えるポケットサイズのコンピューター。略してポケコンとも呼ぶ。80年代後半に製品が登場し、現在では工業高校でのプログラミング学習などに利用されている。

出典 ASCII.jpデジタル用語辞典ASCII.jpデジタル用語辞典について 情報

デジタル大辞泉「ポケットコンピューター」の解説

ポケット‐コンピューター(pocket computer)

携帯用の超小型コンピューター。本体と液晶ディスプレー・キーボードとが一体になっている。ポケコン。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android