一体(読み)いったい

精選版 日本国語大辞典「一体」の解説

いっ‐たい【一体】

[1] 〘名〙
① 全体が一つのものになっていること。一つにまとまっていて、分離できないもの。
(イ) 一つの身体。同じからだ。同一体。
※俳諧・奥の細道(1693‐94頃)室の八島「此神は木の花さくや姫の神と申て、富士一躰也」
(ロ) 一つの関係。分離しがたい関係。同類
※栄花(1028‐92頃)玉のうてな「衆生の三道、彌陀の万徳と、もとより空寂にして、一体無礙(むげ)なりといひき」
※東寺百合文書‐へ・文保元年(1317)七月晦日・僧定縁起請文「彼母与件狼藉人一躰同心之間」 〔儀礼‐喪服子夏伝〕
② (「体」は助数詞) 仏像、彫刻の像などの一つ。仏や神そのものにも用いる。
※百座法談(1110)六月一九日「日ごとに阿彌陀仏一躰を供養せさせ給ふ」
③ 一つの風体。一つの風。一つの様式
※言集(1406)一「詞花集は〈略〉あまり一躰ばかりにをもむけられたる故にや」
※集義和書(1676頃)一「伊川の器量・朱子の志、みな聖人の一体あり」
④ (「に」を伴って詞のように用いられることもある) 全体。全般。一般。おしなべて。
※半残宛芭蕉書簡‐貞享二年(1685)正月二八日「夜話四睡、是又珍抄、一躰おとなしく候」
※雪中梅(1886)〈末広鉄腸〉下「どうも近来は新聞紙が一体に面白くないでは御座いませんか」
[2] 〘副〙 ((一)④のから) ある事柄を全般的、概括的に考えていうときに用いる。そもそも。
(イ) ある結論づけをするような場合。だいたい。もともと。一般的にいって。
※滑稽本・浮世風呂(1809‐13)四「わしは一体(イッタイ)豆腐が大好きぢゃ」
※芋粥(1916)〈芥川龍之介〉「一体(イッタイ)旧記の著者などと云ふ者は、平凡な人間や話に、余り興味を持たなかったらしい」
(ロ) 特に疑問の気持を強めていう場合。また、相手に詰問する場合。結論的になんだか全くわからないという気持が含まれる。ぜんたい。いったいぜんたい。
※雑俳・机の塵(1843)「鳥羽画の如し・いったい飯はどこへ喰ふ」

いっ‐てい【一体】

〘名〙
① 他とは違った一種の趣。一つの特色一風(いっぷう)
風姿花伝(1400‐02頃)唐事「一体異様(いやう)したるやうに、風体を持つべし」
② 同類。同じ様式。
※仮名草子・都風俗鑑(1681)二「物を縫女奉公人を、おゐまといへり。さてはこしもとなどとわかれたれども風俗一躰(イッテイ)なり」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一体」の解説

いっ‐たい【一体】

[名]
一つのからだ。また、同一のからだのようになっていること。同体。「一体を成す」「夫婦は一体」「三位さんみ一体
一つにまとまっていること。「クラスが一体となる」
一つの体裁ていさい・様式。「書の一体
仏像・彫像などの一つ。「菩薩像一体
(多く「一体に」の形で副詞的に用いて)全体にならしていうさま。総じて。概して。「一体に今年は雪が多い」「日本人は一体表情に乏しい」
[副]
強い疑問や、とがめる意を表す。そもそも。「一体君は何者だ」
もともと。元来。
「―生徒が全然悪いです」〈漱石坊っちゃん
[類語]一般全般に総じて概して多くおしなべておおむね大概普通通例通常総体およそ・広く・遍く広い幅広い手広い広範広範囲多方面多角多面多岐さまざま各種種種諸種いろいろ多様多様化多面的多種多種多様多彩数数いろんなとりどり色とりどり諸諸もろもろ百般万般諸般多元多元的多角的横断的複眼的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

戻り梅雨

梅雨が明けたあとに、再び梅雨のような状態に戻ること。返り梅雨。《季 夏》[類語]梅雨・梅雨ばいう・五月雨・空梅雨・菜種梅雨・走り梅雨・返り梅雨...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android