本体(読み)ほんたい

精選版 日本国語大辞典「本体」の解説

ほん‐たい【本体】

〘名〙
① 隠されたほんとうの形。真の姿。正体。素性。
※浜松中納言(11C中)五「この人のほんたいをばこの宮もえ知り給はじ」 〔阮籍‐楽論〕
② 物事の根本。中心、主体となる部分。本質。真髄。
※とりかへばや(12C後)上「はかなくかきならし給琴の音も、唐国のほんたい覚えて」
③ 神社・寺院の神体または本尊。
※東関紀行(1242頃)株瀬川より熱田「この宮の本体は、草薙と号し奉る神剣なり」
④ 哲学で、現象の背後に、現象を超えて存在する恒存的なもの。形而上学、存在論、第一哲学の対象。カントでは、人間の認識能力の取り扱えないものとする。実体。実在。〔普通術語辞彙(1905)〕
⑤ あたりまえ。本来。
※大鏡(12C前)四「本躰はまゐらせたまふまじきを」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「本体」の解説

ほん‐たい【本体】

《古くは「ほんだい」とも》
そのものの本当の姿。正体。
「―の得知れぬ、一種不思議な力にいざなわれて」〈二葉亭浮雲
付属物を除いた、主になる部分。「カメラの本体」「本体価格」
神社の神体。また、寺の本尊。
哲学で、現象を超えて存在する恒存的なもの。もろもろの存在の根底にあるもの。理体
[類語]本質実体主部主体中心しゅじくかなめはしら中軸枢軸主軸主力基幹根幹中枢中核

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

普及版 字通「本体」の解説

【本体】ほんたい

純粋な実体。〔大学章句、明徳注〕なるは、人のに得るにして、靈不昧、以て衆理へ、事に應ずるなり。~則ち時にして昏(くら)きことるも、然れども其の本體のは、則ち未だ嘗(かつ)て(や)まざるり。

字通「本」の項目を見る

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

世界大百科事典内の本体の言及

【現象】より

…一般に事象がわれわれに対して現れている姿を言うが,この現象については古来対立する二つの考え方がある。一つは,時空間的に制約されることのない本体(noumenon)あるいは本質を想定し,それが時空界に現れた姿を現象と考える。カントの現象概念がその典型であり,彼は物のそれ自体における姿つまり物自体と,われわれの感性にとってのその現れつまり現象とを区別し,われわれ有限な人間には物自体は認識不可能であり(不可知論),認識可能なのは現象界だけだと考えた。…

※「本体」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

猛暑日

日最高気温が 35℃以上の日。気象庁では 2007年4月から定義し使用を始めた。おもな都市の平年値(1981~2010)は,稚内 0日,札幌 0日,仙台 1日,新潟 3日,東京 3日,名古屋 12日,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android