コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ポンプ漁法 ポンプぎょほう

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ポンプ漁法
ポンプぎょほう

フィッシュ・ポンプを使って行う漁法。生鮮魚として食用にする場合や養魚場所を移動する場合,魚を生きたままフィッシュ・ポンプで水とともに吸上げ,そのまま輸送するときなどに採用する。ポンプには弁のない吸引式のものが利用され,水と魚の比率は3対1程度がよいとされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android