食用(読み)しょくよう

精選版 日本国語大辞典「食用」の解説

しょく‐よう【食用】

〘名〙
① 食物として用いること。食い物とすること。また、そのもの。比喩的にも用いる。
※大和本草批正(1810頃)一五「椋鳥〈略〉形やや小なり。食用に可なり」 〔戦国策‐斉策下・閔王〕
② 食事のためのもの。食事用。
※米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉一「乗合の人人に、食用の順席を知らする札を渡すゆえ、其順に着座あるべし」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「食用」の解説

しょく‐よう【食用】

食べ物として用いること。また、その食べ物。「食用になる」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

筍梅雨

《伊勢・伊豆地方の船乗りの言葉から》たけのこの出る陰暦4、5月ごろに吹く南東風のこと。湿気が多く、雨を伴うことが多い。筍流し。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android