コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マリオン構造 マリオンこうぞう mullion structure

1件 の用語解説(マリオン構造の意味・用語解説を検索)

岩石学辞典の解説

マリオン構造

マリオン構造とは変成岩の微褶曲軸方向に半円柱状構造が平行する構造で,半円柱は褶曲によりできる[Peach & Horne : 1907, Wilson : 1953, 片山他編 : 1970].この構造が最初に観察されたのはドニゴール(Donegal)地方の褶曲した変成岩である[Kinahan : 1891].柱の集合した塊の外見がゴシック建築の教マリオン窓の窓枠の光の分割に似ている.マリオン(mullion)とは窓などの縦仕切,丸窓の放射状仕切などのことで,変成岩などで棒状に割れる岩石片をいう.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マリオン構造の関連キーワード褶曲接触変成岩動力変成岩らせん線状組織直線葉理棒状構造フェルス-─フェルス片麻岩状花崗岩

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone