外見(読み)ガイケン

デジタル大辞泉の解説

がい‐けん〔グワイ‐〕【外見】

外側から見たようす。外観。うわべ。そとみ。「外見をつくろう」
他人に見せること。また、他人に見られること。「外見をはばかる」
「コノ経ヲ―アルナ」〈日葡

そと‐み【外見】

外から見えるようす。外観。がいけん。「外見を気にする」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

がい‐けん グヮイ‥【外見】

〘名〙
① (━する) 他人に見せること。
※玉葉(1171)嘉応三年正月七日「只為後日之忽忘、纔注置愚眼所一レ及許也、努々不外見
② (━する) 他人に見られること。外に現われること。
※海道記(1223頃)序「これ文を用てさきとせず、詩を以て本とせず、只境に牽れて物の哀を記するのみ也。外見の処に其嘲をゆるせ」 〔韓愈‐雑説〕
③ 外から見える様子。うわべ。外観。
※集義和書(1676頃)一一「晉の淵明は酒に隠れたりといへり。実は酒に溺れず、只一生外見を酒のみの用にたたずと成て終れり」

そと‐み【外見】

〘名〙 外部から見ること。また、外部から見える様子。外観。がいけん。
※大道無門(1926)〈里見弴〉白緑紅「外見(ソトミ)は明治初年の洋風で、内部は純日本式な三階建の」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報