コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

マルチ・ディメンショナル・スケーリング multi dimensional scaling

1件 の用語解説(マルチ・ディメンショナル・スケーリングの意味・用語解説を検索)

DBM用語辞典の解説

マルチ・ディメンショナル・スケーリング【multi dimensional scaling】

異なった商品やサービスの相違性と類似性をグラフ上で表現するもの。グラフ上では軸の長さが違いを示すように商品を表示する。マルチ・ディメンショナル・スケーリングは消費者インタビューから、マーケットプロフィールを作成するためなどに利用される。例えば自動車の場合、X軸が信頼性をY軸がスポーツ感度などで違いを表す。

出典|(株)ジェリコ・コンサルティング
Copyright (C) 2010 by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

マルチ・ディメンショナル・スケーリングの関連キーワードブランド化サービス製品関連属性市場(マーケット)原価シルバーサービス類似商標ワイヤサービスカスタマイゼーショントレード・ショーローン販売

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone