コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

メグレ罠を張る

デジタル大辞泉プラスの解説

メグレ罠を張る

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンのミステリー小説(1955)。原題《〈仏〉Maigret tend un piège》。「メグレ警部(警視)」シリーズ。1958年ジャン・ドラノワ監督、ジャン・ギャバン主演で映画化(邦題『殺人鬼に罠をかけろ』)。

出典|小学館デジタル大辞泉プラスについて | 情報

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android