メグレ罠を張る

デジタル大辞泉プラスの解説

メグレ罠を張る

ベルギー出身の作家ジョルジュ・シムノンのミステリー小説(1955)。原題《〈仏〉Maigret tend un piège》。「メグレ警部(警視)」シリーズ。1958年ジャン・ドラノワ監督、ジャン・ギャバン主演で映画化(邦題『殺人鬼に罠をかけろ』)。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

ワンオペ育児

配偶者の単身赴任など、何らかの理由で1人で仕事、家事、育児の全てをこなさなければならない状態を指す言葉である。母親1人を指す場合がほとんどで、「ワンオペ育児ママ」という派生語もある。「ワンオペ」とは「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android