モニコでのパンパン踊り

デジタル大辞泉プラスの解説

モニコでのパンパン踊り

イタリアの画家ジーノ・セヴェリーニの絵画(1911)。原題《La danza del pan pan al Monico》。未来派運動の中心人物の一人セヴェリーニの代表作として知られる。第一次世界大戦で損傷したため、晩年に再制作された。パリ、ポンピドゥー・センター国立近代美術館所蔵。

出典 小学館デジタル大辞泉プラスについて 情報

今日のキーワード

閻魔詣で

陰暦1月16日(初閻魔)と7月16日(大斎日)に閻魔堂に参詣(さんけい)すること。この日は地獄の釜(かま)のふたが開き、罪人が責め苦を免れると伝えられる。閻魔参り。《季 夏》...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android