コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

代表作 ダイヒョウサク

デジタル大辞泉の解説

だいひょう‐さく〔ダイヘウ‐〕【代表作】

ある時代・流派やある作者の、特徴を最もよく示している作品、またはその中で最もすぐれた作品。「自然主義文学の代表作」「ピカソの代表作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいひょうさく【代表作】

その作家の特色が最もよくあらわれ、芸術的価値を世に認められている作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

代表作の関連キーワードブラームス:ピアノ協奏曲 第2番 変ロ長調/piano and orchestra(concerto)ジェームス・B. シッキングわたしが一番きれいだったとき〈ラテン〉Te Deumロビー・M. マコーリー無線通信の電波に乗ってウィルヘルムマイスターわたしと小鳥とすずとハンガリー田園幻想曲ハムレット復讐せよディミトリオスの棺イノック=アーデンスキズマトリックスズラトブラツキーラブリュイエールP. アンブールラファイエットフランドル街道ペルゴレージピソプラクタ

今日のキーワード

コペルニクス的転回

カントが自己の認識論上の立場を表わすのに用いた言葉。これまで,われわれの認識は対象に依拠すると考えられていたが,カントはこの考え方を逆転させて,対象の認識はわれわれの主観の構成によって初めて可能になる...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代表作の関連情報