代表作(読み)ダイヒョウサク

デジタル大辞泉の解説

だいひょう‐さく〔ダイヘウ‐〕【代表作】

ある時代・流派やある作者の、特徴を最もよく示している作品、またはその中で最もすぐれた作品。「自然主義文学の代表作」「ピカソの代表作

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

だいひょうさく【代表作】

その作家の特色が最もよくあらわれ、芸術的価値を世に認められている作品。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

だいひょう‐さく ダイヘウ‥【代表作】

〘名〙 ある作者の特色をもっともよく表わした作品。また、ある作家の作品中で、もっともすぐれているとされる作品。
※肉情細叙の傾向(1908)〈白柳秀湖〉「当時淫猥なる小説の代表作として」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

代表作の関連情報