コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モンパキン(紋羽菌) モンパキンSeptobasidium

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モンパキン(紋羽菌)
モンパキン
Septobasidium

担子菌類異型担子菌類キクラゲ目モンパキン科。コウヤクキン (膏薬菌) と呼ぶこともあるが,普通コウヤクキンと呼ぶときは Corticium属をさすので避けるほうがよいという意見もある。昆虫のカイガラムシ類と共生しながら,種々の植物の葉,茎,幹に固着する。この属に入れられるものは,およそ 170種が記録されているが,日本産のものでは6種が確認されている。菌体の性状はいずれも着生植物の表面に広がってつき,膏薬状,海綿状またはけばだった綿状などになる。ハイイロモンパキン S. bogorienseはクワ,モモなどの枝幹につき灰色または淡褐色。クワモンパキン S. tanakaeはクワ,サクラ,モモ,アンズ,ナシ,キリなどにつき,紫褐色でビロード状。本州,四国,九州などの概して温暖な地方にみられる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone